お花の定期便 bloomee(ブルーミー)

bloomee(ブルーミー)

 

お花のある暮らしを体験してみる

 

お花の定期便 bloomee(ブルーミー)

 

コロナなどの影響で在宅ワークが増えて、おうち時間が多くなった昨今の事情からでしょうか?

 

 

ラジオ放送でも最近お家にお花を飾る方が多くなったと聞きましたが。

 

 

ワークスペースにお花を飾って少しでも気持ちを明るく過ごしたいと思いますょね。

 

 

私の周りでも、おうち時間が多くてコロナうつ状態になってしまったなどの声も聞こえてきたりと・・・。

 

 

いったいいつになればコロナの不安は解消されるのでしょうか?

 

 

できるだけおうちで仕事をしながらも、快適に花などに癒されながら毎日を暮したいですね。

 

 

おうちで快適に暮らすために花を飾るには、お花を選ぶのも重要なことですょね。

 

 

花の種類やいろどり、お花の組み合わせ方も工夫しなければならないでしょう。

 

 

花屋さんに出かけなくとも、ポストに届くお花の定期便があったらどうでしょう?

 

 

ポストからそのまま出してかざるだけで簡単にお花を楽しめるサービスがあったらどうでしょう。

 

日本初というポストに届くお花の定期便サービス【bloomee(ブルーミー)】をご紹介します。

 

 

下記【料金プランのご紹介】にて、登録時に(クーポン利用)クーポン合言葉をいれるだけで、価格がお安くなるクーポン券があります。

 

お花のある暮らしを体験してみる

 

 

 

配送時間の短縮と品質保持

お花の定期便サービス
【bloomee(ブルーミー)】

 

全国で200店舗以上のお花屋さんと提携しているので近隣のお花屋さんからお届けします。

 

保水状態でポストに投函

花の切り口に水分をたっぷり含ませて包んであるので安心です。

 

お花のお届けは

毎週お届けと2週間に一度(隔週)があります。

 

プロのお花屋さんのノウハウがぎっしり

花材選び、週替わり、季節のお花をお届けします。

 

お花を守る専用の箱でお届けします。

 

お花の専用の箱はテスト、改善を重ねて強度、通気性があり、お花を守っています。

 

お花のスキップ機能

もしもの時、外出予定などでお花を受け取れない週は、事前にスキップ可能です。

 

再送

届いてお花に不備を感じたら品質保証お申し込みで再送します。
マイページからお申し込みができます。

 

料金プランのご紹介

 

ポストに届くお花の定期便サービス【bloomee(ブルーミー)】の1回分の料金プランは、以下の通りです。

 

体験プラン価格(税込)

¥500/ 1回 (+送料¥250)=¥825

 

お花の本数3本以上

 

郵送(ポストに)

 

まずはお花に慣れるところからという方におススメのプランですね。

 

 

レギュラープラン価格(税込)

¥800/ 1回 (+送料¥350)=\1265

 

お花の本数 4本以上

 

郵送(ポストに)

 

お花の定期便初回の方にもおススメです。

 

 

プレミアムプラン価格(税込)

 

¥1200/ 1回 (+送料¥500)=¥1870

 

ボリューム感がありお部屋がはなやぐでしょう!

 

手渡しで受け取れます。

 

 

家のポストにお花が入るだろうか?

どんなお花が届くのだろうか?

 

気になることがあればチェックしてみてください。

引用元:【bloomee(ブルーミー)】 よくある質問

 

 

お花のある暮らしを体験してみる

 

 

1回分の料金プラン 体験プラン 価格(税込)¥825

 

レギュラープラン 価格(税込)¥1265

 

 

プレミアムプラン 価格(税込)¥1870です。

 

 

4回分(税込)となるとそれぞれ

 

¥3300・¥5060・¥7480となります。

 

 

お花のある暮らしを体験してみる の基本の契約は1週間単位となりますが、

定期便 初回登録から4回分の商品お受け取り前に解約してしまうと解約料としてご利用した回数の残り分が解約料として発生します。
つまり最低利用回数が4回ということになります。

 

 

4回分の金額を見てみると少し高いと感じますか?

 

 

じつは、登録時に(クーポン利用)クーポン合言葉をいれるだけで、

 

 

【体験プラン価格は¥2445、レギュラープラン価格¥3795、プレミアムプラン価格¥5610】と安くなります。

 

お花の定期便 bloomee(ブルーミー)

お花の定期便 bloomee(ブルーミー)

 

 

クーポン合言葉でお安くお花のある暮らしを体験してみる

 

花を選ぶ

 

上記、お花の定期便で記したように、コロナなどの影響で、在宅ワークになったり、外出などを控えなければならなくなり、

 

 

おうち時間が多くなった今、おうちで快適に暮らすために、花を飾ってリラックスするのもおススメです。

 

 

 

お花を飾るには、花の種類やいろどり、お花の組み合わせ方もじぶんで工夫しなければならないでしょうが、

 

 

 

ポストに届くお花の定期便サービス【bloomee(ブルーミー)】なら簡単に楽しめるかと思います。

 

 

 

私もお花を週1回習っているのですが、お花の組み合わせ方はまだまだで未完成です。

 

 

タイプの違う5種類のお花を組み合わせてみると良いょと先生によく言われています。

 

 

 

お花の組み合わせは、例えば、次のように。

 

 

最初にメインのお花を選ぶ。

 

 

次にメインのお花を引き立てるサブのお花を選ぶ。

 

 

そして小さなお花でボリーュームを出す。

 

 

ヒべりカムなどの実のついている花でアクセントを出す。

 

 

最後にユーカリなどのグリーンを選ぶと良いと・・・。

 

 

 

先生が選んだメインのお花はバラで、サブのお花をスプレーバラ、スカピオサなど。

 

小花はマトリカリア、ブプレリウムなどでした。

 

 

 

お花の色の選び方も重要ですょね。

 

例えばピンク色を選ぶとき、、大人なアレンジに仕上げたいならくすんだピンクを使うとか。

 

 

 

自分でお花を選んでいけたりお花の色を選んだりするのも楽しいことではあるのですが・・・。

 

 

毎週ポストに届くという新しい体験を提供してくれるお花の定期便【bloomee(ブルーミー)】も楽しみな存在ですよね。

 

 

全国放送のテレビでも多数の取材などがありメディアからも注目度が高いです。

 

 

ポストに届くお花の定期便サービス【bloomee(ブルーミー)】は、今話題のサービスです。

 

 

お花のある暮らしを体験してみる

 

 

 

花を飾る

 

ますますリモートワークが増えているというこの状況下ですが、心地よい日常が過ごせているでしょうか。

 

 

快適な毎日を過ごすためにワークスペースにお花を飾ってみませんか。

 

 

 

ワークスペースには、小花やグリーンを空き瓶に小さく生けるとおしゃれかなぁと思いますが。

 

ジャムの空き瓶に花を浮かべたり・・。

 

 

少しお花を取り入れることでリラックスできたり、気分が明るい感じになったり・・・。

 

 

今までの部屋が癒される空間になったりと、自分の暮らしが心地よくなるのではと思います。

 

 

 

お花って贈るのも、いただくのも、とっても幸せな気分になりませんか。

 

 

花は、ながめるだけでリラックス効果があるといわれています。

 

 

いちばん長い時間を過ごすのはやっぱりリビングでしょうか。

 

 

リビングのテーブルに飾るお花は、前述で記したように5種類のお花を使うと良いと思います。

 

 

そして、リビングのテーブル座った時の目線を考えて花器は背の低い花器を選んだ方が良いですよね。

 

 

 

リビングやワークスペースのほかにも玄関や洗面所、トイレなどお花を飾ることでより楽しみな空間が生まれるのではと思います。

 

 

洗面所の鏡のそばに短く切ったかわいいお花が飾ってあればメイクも楽し、スキンケアだって気分が上々になるかもしれませんね。

 

 

でも、次のようなひと手間をかけることも忘れないでね・・・。

 

 

お花は、斜めに茎を切って、水を吸いあげしやすいようにすぐお水につけてね。

 

 

間引きする⇒余分な葉やつぼみをとる。

 

 

濁ったお水を取りかえる。

 

 

雑菌でお花が枯れないように花器やきりばさみを清潔にしておくことなどありますね。

 

 

でも、手間がいらず、お忙しい方でも、お花を楽しめる簡単なお花の定期便サービス【bloomee(ブルーミー)】なら、
ポストに届いたお花を取り出してそのまま飾るだけで簡単にお花を楽しめます。

 

 

お花のある暮らしを体験してみる

 

 

以上。

 

お花の定期便【bloomee(ブルーミー)】、料金プラン、花を選ぶ、花を飾るについて記しました。

 

 

ワークスペースやリビングにお花を飾って在宅ワークなど、おうち時間を快適に過ごす提案・・・お花の定期便【bloomee(ブルーミー)】をご紹介してきました。

 

現在の状況を考えると、まだまだおうち時間が多い日々を過ごさなくてはならないような気がします。

 

快適な空間づくりは必要ですね。

 

ではまた・・・。

 

page top