それぞれのバレンタインデー

それぞれの国の聖バレンタインデー

 

 

聖バレンタインデーの2月14日は世界中の恋人たちが愛を確かめ合う特別なイベントとして知られていますが。
海外のバレンタインデーにくわしいというから友人にバレンタインデーのことをきいてみました。

 

 

国がちがうと、それぞれの国々でプレゼントの方法や告白の方法はちがうものらしい・・・。
それは当たり前といってしまえばそうなんでしょうが。

 

アメリカではチョコや花束、ジュエリーなど男性からプレゼントするのが主流だそうです。

 

 

カナダのある小学校ではバレンタインデーにクラス全員がメッセージカードを交換し合うというから、小学生も大変だー。

 

 

バレンタインデー発祥の地はイタリアで、バレンタインデーの由来はご存知のように悲劇的ですね。

 

 

士気を高めるために兵士の結婚は、古代ローマ皇帝クラウディウス2世によって禁止されていました。
そのことに同情した司祭・聖バレンタインがこっそり結婚させてしまいました。

 

 

しかし、皇帝にばれてしまい聖・バレンタインが処刑されたのが、西暦269年2月14日だと伝えられていますねー。

 

 

あぁそうそう、チョコレートを贈る習慣の発祥地はイギリスなんだそうですが。

 

韓国や台湾のバレンタインデーもおもしろいですねー。

 

韓国には日本と同じように、バレンタインデーもホワイトデーもあるんだそうです。

 

彼氏、彼女のいない人のための日もあり、それがブラックデーで4月14日だとか。

 

 

ご存知でしたか?
彼女彼氏のいないシングルの男女は全身黒い服を着て、黒いたれのかかったジャージャー麺を食べるって・・・。
どうして、黒いたれをかけるんだろう?

 

 

台湾は夏のバレンタインデーもあるのだそう。つまりバレンタインデーが2回あるってこと?

 

七タにちなんだ情人節というのがいつの間にか夏のバレンタインデーになったのだそう。

 

 

バラの花束を贈る習慣もあって、本数に意味が込められているようです。

 

 

バラ1本は、「きみだけを」

 

私は1本でいいかなぁ・・・。

 

 

99本は「永遠に愛してる」

 

 

108本は「結婚してください」なんだとか?

 

 

バラの花束の行方が気になりませんか?

 

 

 

「結婚してください・・・。」と108本のバラを買ったのに、もしも断られてしまったらバラの花はどこにいくのでしょうか?

 

 

 

バラの花の行方は、ともかくみなさんにとって、しあわせな楽しいバレンタインデーになりますように・・・。

 

 

 

きちんとわかる、ちゃんと作れる!チョコレートのお菓子の本

 

 

日本も、義理チョコ、友チョコ、自分チョコなんてのもあるけれど、チョコレートも美容や健康にうれしいものがいっぱいありますね。

 

愛を伝えて相手が喜んでくれるものがよいですょね。

 

 

つい最近、バレンタインデーのことをラジオで聞いていたのですが、義理チョコを贈るという方々がどんどん減ってきて、代わりに自分のために自分に贈る、おいしいチョコを選ぶ方が増えつつあるそうですね。

 

 

さて、2月14日 聖バレンタインデーにあなたは、どんなチョコを贈りますか?

 

 

手作りのチヨコレート菓子を贈りたいと計画しておられる方も多いのではと思いますね。

 

 

贈りものにしたい手作りチョコレート菓子というと私にはちょっとハードルが高いかなぁ?

 

 

自分で作るとなるとチョコレートの選び方とか、きざみ方とかいろいろと悩むかもしれないなぁ…?

 

 

やっぱり面倒くさいとか?どうせ上手に出来ないだろうとか?ね。

 

 

みなさんはいかがでしょうか?手作りチョコレート菓子に挑戦しますか?

 

 

きちんとわかる、ちゃんと作れる!チョコレートのお菓子の本を読んでみると、チョコレートの選び方、刻み方、ケーキ、ボンボンなどの作り方まで紹介されています。

 

ポイントを、しっかりつかめば、お家でもおいしいチョコレートのお菓子を作ることができることがわかります。

 

 

本の表紙にあるような、写真のような絶品のチョコレート菓子ではなくても、形が少しくずれていても、心を込めて作られたものならおいしいことでしょう。

 

 

 

チョコレートのお菓子作りにはきちんとわかる、ちゃんと作れる!チョコレートのお菓子の本は手放せない1冊になるでしょう!

 

 

くらしにっきにご訪問ありがとうございます。今日も良い1日でありますように。

page top