ハウスダスト急増中

秋 ダニ対策

家じゅうどこにでもダニはいるようです。

 

秋のダニ対策していますか?

 

1年中どこにでもいるダニはハウスダストアレルギーのアレルゲンとなりますが、秋にハウスダストの量が急増します。

 

人の食べこぼしや皮脂フケなどをエサにしているダニの繁忙期はというと夏です。
気温20度〜30度、湿度60%〜80%の環境が好きですから夏は繁殖のピーク時季なわけですよね。

 

 

秋になるとダニの死がいやフンが混じったハウスダストの量が急増することになります。

 

10月、気温も下がってくる秋はダニ対策のためのお掃除に良い季節なのだそうです。

 

秋にしっかりお掃除をすることをおススメします。

 

秋にダニ対策のためのお掃除をして、冬にダニが繁殖するのを防ぎたいものですね。

スポンサーリンク

 

次は、お家の中でダニの大好きな3つの場所のお掃除について書いておきます。

寝具まわりのお掃除

マットレス、枕、布団はダニさんの大好きな場所ですね。
ダニの好みの温度、湿度、髪の毛やフケなどのエサもそろっていますから大好きなのは当然ですね。

 

ツメダ二ってご存知ですか?
このダニは人を刺すのでダニ対策が重要なんですょね。

 

天気の良い日にはベットのマットレスや敷きふとんは風を通して、湿気を飛ばすと良いです。
マットレスはM字に干すとよいといわれますが壁に立てかけて風を通してもいいですね。

 

風を通し終えたら縦横(十文字掛け)に掃除機をかけておきましよう。

 

枕カバーやシーツのお洗濯も忘れずにね。

 

カーペットのお掃除

座ったり、通ったりする場所であるカーペットは髪の毛、フケ、食べこぼしなどダニのエサになる場所だから掃除機がけを充分にしよう。

 

カーペットは、洗えないものもありますが、水洗いができるものなら季節ごとに丸洗いがよいです。

 

掃除機を縦と横の両方向に(十文字掛け)してダニの死がいやフンを取り除くとよいそうです。

 

髪の毛やフケは座ったり通ったりする場所や部屋の隅に集まりがちですこまめに掃除機をかけるのがコツですね。

 

 

布ソファーのお掃除

布ソファーも背面や座面のすきまに皮脂やほこりがたまりますね。

 

背面や座面のすきまに細いノズルを使って掃除機がけをするとよいでしょう。

 

表面のところには皮脂や汗などしみこんでしまっているかと思います。

 

おしやれ着用中性洗剤液を薄めて表面をふいてから、洗剤が残らないように水ふきをしてから、風を通して乾燥させて湿気をとりましょう。

 

 

布ソファーのお掃除後は、布ソファーにカバーをかけたり除菌スプレーなどを使うのもお掃除がラクですよ。

 

 

見落としてしまう場所は?

空気中のハウスダストはカーテンやエアコンのフィルターにも付いてしまっています。

 

夏の間にたまったほこりを掃除機で吸い取り、水洗いをして乾燥させましよう。

 

フローリングは、板目にそってモップや掃除機がけをしましょう。

 

シンクやガス台の下、スリッパなどもこまめに換気やお掃除をしましょう。
シンクやガス台の下はエサになるものが多いですね。

 

秋のダニ対策で快適な冬を迎えたいですね。

くらしにっきにご訪問ありがとうございます。今日も良い1日でありますように。

page top